緑内障から光を守れ|原因と対処法を知ろう

視界の黒い物体

ウーマン

飛蚊症は病的な原因で起きている場合、網膜剥離に進行している状態なので早めの治療が必要です。しかし、現代は生理的な原因で起きる人が多いので軽視されることもありますが治療するのが先決といえるでしょう。

もっと読む

失明の原因となる病気

目の検査

早期治療を行う

緑内障は失明の原因の第2位を担っているほど多くの患者がいる病気です。緑内障は目の視野が狭まってしまう病気なのですが、多くの場合で片目の視野が狭まってしまってももう片目がそのカバーを行ってしまうため、なかなか視野の欠けに気づかないことで症状が悪化してしまったり、病院で緑内障と診断されても簡単に考えて放置してしまう人が多いのも失明率が高い原因です。しかし緑内障はきちんと治療を行っていれば、一生薬を手放すことはできないかもしれませんが失明してしまうこともなく一生を過ごすことができる病気です。軽度ならば目薬をさすという簡単な方法で症状の進行を食い止めることもできるので、きちんと病院に通って治療を行うことが重要になります。

生活習慣の改善を

一度症状が出てしまうともとには戻らない緑内障ですが、生活習慣の改善を行うことで症状の悪化を防ぐことができます。その方法とは眼圧を低下させることです。一説では眼圧が高くなってしまうのは血行不良が原因だとも言われているため、脂肪分の多い食事を控えて血液をさらさらにすることで効果が期待できると言われています。他にも目の粘膜を丈夫にするビタミンCや目に良いと言われているアントシアニン、ルテインなどを積極的に摂取することで症状の悪化を抑制することができると言われています。また、ストレスや睡眠不足、運動不足も緑内障の発症や悪化に関係していると言われているため、適度な運動や運動を行うことを習慣化するようにしましょう。

目に違和感を覚えたなら

笑顔の老人

目の病気として比較的メジャーなものに、白内障と緑内障があります。しかし、基本的にどちらも加齢などが原因で発症し、初期は自覚症状もほとんど無いので定期的に診察を受けるといいでしょう。

もっと読む

40歳過ぎたら注意

看護師

40歳過ぎたら注意したい目の病気が白内障と緑内障です。その症状は、白内障は目がかすんだり、明るいところに出るとまぶしさを感じたりするので、早めに病院に受診するといいでしょう。

もっと読む