緑内障から光を守れ|原因と対処法を知ろう

視界の黒い物体

ウーマン

原因を知ることが大事

飛蚊症は、視界の中に現実には存在していない黒い点や糸くずのようなものが見える症状のことで、原因は生理的な場合と病的な場合があります。生理的な原因である場合は治療が必要なく、休息したり目を労わることで自然に治まります。病的な可能性が疑われる場合は、飛蚊症が急に悪化したり、飛蚊症だけでなく光視症を伴ったり視力低下がみられる時です。また視界に黒いものが生じる症状は、飛蚊症だけでなく視野欠損もあります。飛蚊症では動いたり消えたりする黒いものが見えますが、視野欠損では黒い部分は動かないとされます。飛蚊症は網膜剥離の前兆である可能性があり、視野欠損は緑内障の可能性があるので視界に黒いものが見える時は早めに受診することをおすすめします。

症状は人により少し違う

飛蚊症は年齢問わず起こりえる症状で、高齢者から20代の若者にも起きます。また、生まれつきである場合もあります。見える黒いものは、人により形状が異なります。よくある形状は、コバエのように小さく丸いものや糸くず状です。見え方では視点を移動させると黒いものも移動したり、直視しようとすると逃げていなくなるという場合もあります。生理的な原因が発生する理由としては、目の酷使やストレスなどが関係しているとされます。現代の若い人たちはスマホやゲームをすることが多いので、若年層の飛蚊症は目の酷使による影響が大きいといわれています。加齢による飛蚊症は、硝子体の萎縮が原因です。原因が加齢の場合は既に網膜がはがれてきているので、放置せず眼科へ行くと良いです。