緑内障から光を守れ|原因と対処法を知ろう

目に違和感を覚えたなら

笑顔の老人

疑われる症状は

年齢を重ねていくと、さまざまな体調の異常を感じることがあります。それは目に関しても同じことで、目の病気である白内障や緑内障は、おもに高齢者に発症しやすい傾向にあります。白内障は、物がかすんだりぼやけて見えることがあり、他にも光を眩しく感じたり、暗い時と明るい時で見え方が異なるなどの症状がよく発症します。そして緑内障では明かりの周囲に虹が見えたり、目の疲労による頭痛や肩こり、目の痛みや充血、かすみなどが発症します。また見える範囲が狭くなることもよくありますが、両目で見る分には正常な方の目が補正してしまうため、症状の出ている片目で見なければ視野の異常に気付くことは少ないです。それゆえに時折片目で物を見てみましょう。その見え方が両目と比較して異なる場合は、緑内障が疑われるので、眼科を受診して詳しい検査を実施するのが望ましいです。

注意したい治療方法

白内障も緑内障も同じ目の病気ですが、どちらも放置してしまうと大変なことになってしまいます。まずは症状が疑われた時点ですぐさま眼科を受診するようにすることが大切です。また白内障に関しては誰でも発症する可能性がありますが、初期の場合は点眼薬や内服薬で症状の進行を抑えることも可能です。また最近では手術方法や使用する眼内レンズも進化しています。ただしそれでもやはり手術にはそれなりのリスクもあるため、やはり症状が軽度のうちに治療に励んだ方が良いでしょう。そして緑内障に関しては眼圧を下げることを目的とし、点眼薬や内服薬、レーザーや手術といった治療方法が一般的です。しかし完全に完治することは基本的に不可能なため、緑内障の治療は開始すれば一生続くことが一般的です。そのため、どのような治療方法を選択するのかも大切です。このようにどちらの治療も基本的には症状の進行を遅らせることがメインとなります。一方で、病院での治療以外にもストレスの軽減や目に効果的な栄養素を摂取する食事などを実施し、目に優しい生活習慣に変更することも、セルフケアでの治療として効果が期待できます。