緑内障から光を守れ|原因と対処法を知ろう

40歳過ぎたら注意

看護師

セルフチェックで早期発見

40代以上の人に発症しやすい目の病気に白内障と緑内障があります。白内障になると水晶体が濁ってきて物が見にくくなったり、明るいところではまぶしさを感じるようになります。発症しても老眼と間違いやすいので注意が必要です。緑内障は目の眼圧が高くなって脳と目をつなぐ神経が阻害され、視野が欠けてくる病気です。片方の目だけに発症するため、視野が欠けていることに気づかないことも多いので時々片眼で物を見て欠けがないかチェックしてみると良いでしょう。白内障は早く治療を受ければ進行を遅らせる事ができます。また緑内障も進行していないうちに治療を受ける必要があるので、見え方に違和感を感じたら早めに眼科を受診して治療を受けることが大切です。

目薬で治療できる

緑内障は目を酷使する人や、冷え性の人に起こりやすい病気です。目を酷使すると目の周りの筋肉が固くなって血流が悪くなり、目の中に含まれている房水が流れにくくなって眼圧が上がります。冷え性の人も体全体の血行が悪いため、緑内障を発症しやすくなります。白内障はほとんどの人がなる病気で、80歳を過ぎるとほぼ100%の人がかかっていると言われます。紫外線を浴びると目の組織が老化するため、普段からUVカットのサングラスを利用するなど紫外線対策をして予防になります。また糖尿病の人やアトピー性皮膚炎の人は発症しやすいので注意が必要です。どちらも症状が軽ければ目薬で治療ができますが、進行すると手術が必要になる場合もあります。早く発見するために40歳を過ぎたら目の定期検診を受けるようにしておくと良いでしょう。